コロナウイルスの矛盾!症状なしはなぜ起きるのか?本当にあるの?

どうも、翔です。

今日はコロナウイルスの矛盾点
おかしいんじゃないの?ということで
話していきますね

 

このメイコさんの動画を元に話していきます↓

 

この動画を見てもらうと
話は早いのですが、30分ほどの
動画なので

 

中々最後まで見れないという人も
いると思うので僕が簡単にまとめます

 

この動画の結論を何が言いたいのかというと
コロナウイルスの見つけ方がおかしい

 

PCR検査は100%信用できない
なんかいろいろ矛盾していない?
と言うことを話しているんですよね

 

これから話すことの根拠や
資料については動画を見てもらえると
わかると思います

 

もうコロナウイルスに
惑わされる世の中から脱出して欲しくて
この記事を書いていくので参考にしてみてください

 

 

新型コロナウイルスの矛盾点、本当にあるの?

結論から言うと存在しないのかもと
僕は考えています

 

その理由として

 

・コロナウイルスになるまでの経緯が?
・発表された論文がおかしい

 

 

この二つのことを言っていきます。

 

⚪︎コロナウイルスになるまでの経緯

コロナウイルスと騒がれた経緯として
2019年にSNS上でSARSウイルスが中国の武漢で
流行ってるという情報が流れ始め

 

中国の調査チームが
武漢に送り込まれました。

 

ちなみにSARSウイルスとは
大きくまとめた種類の言い方で
いわゆる今回の場合だとコロナウイルスのことになります

 

そしてドイツのドロステン博士は
そのSNSの噂を信じてコロナウイルスについて
全然わかっていないのにPCRの研究を始めたのです。

 

もうこの時点でおかしいですよね

 

そしてその研究は論文とか大々的にではなく
密かに発表され、WHOは

 

その研究が完璧なのかも確かめる事を
しないで、世界各国にPCR検査を使うように進めたのです。

 

結局ここまでで何が言いたいのか
というと本当の確定した情報や実験を
行わないで動いているということです

 

 

不確かな情報で
世界が動いていったということなんです。

 

 

 

⚪︎発表された論文がおかしい

コロナウイルスがパンデミック
指定されることになった

 

3つの論文が公開をされている
らしいのですが、その論文が
おかしいんです

 

 

その論文については
動画で載せてくれています。

 

 

どういうところが
おかしいのか↓

 

 

・コッホの原則を満たしていない
・研究の対象者が1人

 

 

 

こちらの二つです。

 

 

ちなみにパンデミックとは
インフルエンザなどの流行っている
病気のことを言います

 

 

では二つについて
話していきます。

 

 

論文では
コロナウイルスはコッホの原則を
満たしていないと書いているのです

 

 

コッホの原則とは何か?
これはロバートコッホという
人物が作った

 

 

病原体などを突き止めるための
4つのステップのことをコッホの原則と
言うのです

 

 

このコッホの原則を
満たしていないと
病原体と認めることができないんですよね

 

 

でもコロナウイルスがパンデミック指定
されるための論文の一つにはコッホの原則を
満たしていないと言っているんです。

 

 

そして現在になっても
コッホの原則を満たした
研究結果は未だ出ていません

 

 

ちなみにコッホの原則に
ついて詳しいことは動画でも説明を
してますし、こちらのWikipediaにも
載っています↓

 

リンク

 

そして二つ目に
ついてです。

 

 

コロナウイルスを調べるのに
調べた研究対象者は

 

 

コロナウイルス感染者であろう
人を参考に調べただけで

 

 

新ウイルスを突き止めようという
研究なのに研究した対象者が1人とか
おかしいですよね。

 

 

これら二つの理由から
本当にコロナウイルスがあるのかな?と
考えてしまいます。

 

 

もしかするとコロナウイルスではなく
また違った病気かもしれないし

 

 

新型インフルエンザかもという
可能性も出てきます

 

 

ちなみに
パンデミック指定の条件が2009年に
改定されて

 

 

その改定された条件が
致死率は関係ないということに
条件が変わったのです

 

 

ということは
2009年にコロナウイルスが
あったとしたらコロナウイルスは

 

 

パンデミック指定されていない
ということになるんですよね

 

 

なので今すごく怖い怖いと
言っていますが、2009年より前に
流行っている病気ほど危険性は
低いということになります

 

 

実際亡くなっている方も高齢者や
心疾患が二つ以上ある人です。

 

 

そこまで恐れる病気ではありません

 

 

 

PCR検査を信じてもいいの?

結論から話すと
あまり信用できないと
僕は考えます。

 

 

メイコさんの動画でも
わかりやすく説明をしてくれているのですが

 

 

ここでも説明をしますね。

 

 

PCRテストはドロステン博士という方が
作ったのですが、そのPCRテストは
どういう風に作られかたかと言うと

 

 

まだ新型コロナウイルスが
あまりわかっていない状態で
新型コロナウイルスがありそうだなと思って

 

 

 

遺伝子バンクから
手に入れるだけのSARA系ウイルスを
ダウンロードして

 

 

コンピューターに入れて
多分コロナウイルスってこんな感じかなーと
決めて、それを元に設計図を作り

 

 

そのこんな感じかなーと
思われたもので作られたのが
PCR検査です。

 

 

なのでこんな感じかなーと
作られた設計図の検査なんて
信用できますか?

 

 

そのあやふやな検査を元に
陰性や陽性と毎日騒いでいるのです。

 

 

ちなみに最近のことなのですが
国会で厚生労働省の大臣が
PCR検査陽性=ウイルスの感染症ではないことを
認めているので

 

 

今のニュースみたく
陽性者何人とかは
完璧に信用をすることは
できないです

 

 

 

マスクをするのはやめましょう

そう考えると
今はコロナウイルスに恐れて
マスクをしているので

 

 

マスクなんてしなくて
よくなりますよね?

 

 

実際マスクは
ウイルスからは守ってくれないです。

 

 

マスクが有効活用されるのは
元々病原体を持っている人が
これ以上広げないために

 

 

最低限のエチケットとして
するものです。

 

 

でも、もっと言えばその病原体に
負けないような体作り

 

 

食事や睡眠を気をつけていれば
感染症にはかかりません。

 

 

ちなみにマスクの意味の無さに
ついては僕のブログでも書いています↓

 

マスク肌荒れしないためにはどうすればいいの?正直マスクはしない方がいいです

 

まとめ

今日はメイコさんの
動画を見てすごくわかりやすかったので
皆さんに見てもらいたくて
簡単に書いてみましたー

 

 

僕の説明は本当に
簡単に説明をしているのと
大事な部分を抜粋して

 

 

説明をしているので
もっと詳しく知りたい人は
動画を見てください。

 

 

コロナウイルスのせいで
皆さんの生活が変わったり
お金に困ったり

 

 

短い期間で
変化がすごいと思いますが
これを見てコロナウイルスに
ついての考え方が少しでも
変わるといいなーと思っています。

 

 

 

では今日はここまで。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です